読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

04/13

(7:52) 東京行きの件、そうめんとニキさんと三人で会うことになった。

楽しみだ。

かやこさんと絵空事さんは予定があるそうでダメだった。

残念。

あと、英語のすごい N さんも忙しくて無理だということだった。

 

4/30 の夜に会うことにしたから、4/30 の昼と 5/1 の朝〜昼は空いている。

元同僚(一人)とか元同級生(2〜3人)にも声をかけてみようかな。

(彼らは男)

(優先順位)

(あからさますぎるのでは)

(性は悪い)

 

昨日、フランス語レッスンの予約を8時半に入れていたのに、主人にそれを伝えるのを忘れていた。

普段は9時で、主人はそれを前提に予定を立てている。

だから、8時半からだということを伝え忘れると、予定が狂うので、主人はものすごく不機嫌になる。

それを知っていたのに、また伝えるのを忘れていて、やはりものすごく不機嫌になったので、恐怖のあまり泣いてしまった。

なんでこんなに恐れながら生きないといけないのか…・。

死にたい。

 

昨日はそれに加えて、食事中にぼくが子供のことを見ていないと責められた。

ぼくは食事しながら子供の様子を見るということはできないのに…。

それで、食べるのに注意力のいらないクリーム玄米ブランなどにすることを提案してみたけど、どうもお気に召さない様子。

主人からすると、奴隷は食事をしながら子供の様子を見ていることができるべきらしい。

能力的にできないことを要求されるのは苦しい…。

死にたいのにできない。

地獄。

 

晩ご飯をクリーム玄米ブランにすることは最終的には許していただけたけど、その次には「ふるさと納税でもらったお米はどうするの」と。

なぜ、物があることでない場合よりも苦しまないといけないのか…。

死にたい。

 

死ぬ勇気はないから、ご飯を食べないで餓死することを目指そうかな…。

04/12

(1:17) 体調はまだ完全によくなったわけではないけど出勤した。

子供を保育園に送りに行くつもりで無になって車のキーを取った(車のキーはひとつしかない)(スペアはあるけど、スマートキー(遠隔で操作できるやつ)はひとつだけ)(そういえば、カッコを重ねないのがこの記法の特徴だと言われたけど、注釈的なカッコは重なる)(雑念的なカッコは重ねない)(いや、雑念と言ってももちろん補足的な意味はあるわけだけど)(未推敲文というのがいいかもしれない)(シリアルな流れに統合することを放棄した文)(そういえば、カッコが長くなるとカッコ前とのつながりが遠くなって読みにくいと言われた)(これを書くことでまた遠くなった)(やめよう)が、今日は E が送ってくれる日だということをリマインドされた。(「リマインドされた」って不自然な日本語だな)

それで一気に楽になった。

やっぱり送り迎えはものすごい負担だ…。

(しかし、ぼくにできる家庭への貢献は少ないのでやらざるを得ない)

(そこまでしてなぜ生きるのか)

保育園で何かの費用として5000円を求められているということで、ぼくの財布から5000円札を出して机の上に置いた。

 

体調が悪いので、原付通勤だけど丸亀製麺には行かなかった。

(どうでもいい詳細)

(そういえば、「詳細」を名詞として使うのには抵抗がある)

(日本語として馴染まない気がする)

(しかし、SICP の翻訳をしていると 、implementation details みたいなのが出てきて、その訳に困った)

(「実装上の細かいところ」みたいに訳したところもあったと思う)

(こだわった割には、いつの間にかこの「詳細」の用法に慣れてしまっている)

 

6時ごろ、E から電話があった。

5000円を忘れてきたので持ってきてくれないかとのこと。

ちょっと時間がかかるけどいいかと確認すると、今日じゃなくてもいいとのことで、日を改めて持って行くことになった。

それにしても、わざわざ出させておいて忘れるなんて、立場が逆だったら怒られるところだ。

ぼくはこういうところでは感情が発生しないので怒らないけど。

こういうところから身分の上下が生じるんじゃないだろうか…。

04/11

(0:54) 体調が悪いのでやっぱり有給を取ることにした。

子供の送り迎えは E がやってくれた。

ありがたい。

 

ほとんどずっと横になっていた。

耳鼻科に行こうと思ったら、午後の診療は4時からということで、それを待って行った。

行くと、予想通り待たされるということで(ここは予約も受け付けている)(ぼくは宗教上の理由で予約はしない)(宗教上ではない)(なんとなく)、その間に祖母の相続の書類を送りに郵便局に行った。

(「送りに」と言っても、実際は送るだけならポストに入れれば済む話なのだが、家で朱肉が見つからなかったので郵便局で捺印したという感じ)

(それから封をして係員の人に渡した)

 

まだ時間があったので、スーパーに行った。

スマホを見ていると、突然人に肩を叩かれた。

(肩だったかはよく覚えてないけど)

(どうでもいい)

見ると、E(妻)だった。

(なぜここで(妻)をつける?)

(普段から何の注釈もなく E と書いているのに)

(なんとなく)

早めに退勤したとのこと。

子供の迎えがあるからだろう。

ありがたい。

 

しばらくして耳鼻科から電話がかかってきたので行った。

いつも通りの風邪。

いつも通りの抗生剤をもらった。

 

途中、100均で朱肉を3個買った。

冗長性の確保のため。

 

家で E に見つかって、ありえないぐらいの勢いで呆れられた。

捨てるとまで言われた。

そんなに場所を取るものでもないのに…。

一日寝てたけど、体調は思うように回復しない。

主人(また主人に戻す)に伝えると、「一日寝てたのに治らないの!?」と責めるように(ぼくの感覚)(本人にはそのつもりはないのかもしれないけど)(ぼくはこの「!?」に責めるようなニュアンスを感じてしまう)言われた。

そんなこと言われても、なんで治らないのかなんてぼくにもわからない…。

明日にはよくなってるといいけど。

 

東京行きとそれに伴うオフ会計画については連絡を取っていない。

それには精神的体力がいるけど、体調が悪いとそれも共に損なわれてしまう。

 

フランス語の単語帳作りに iPhone のカメラを活用したらだいぶはかどるようになった。

本を読むとき、未知語に赤いペンで下線を引いているのだが、これまではそれを直接見ながら単語帳に写していた。

それを、赤い下線の前後数行とともに写真に撮っておいて、それを見ながら単語リストに加える(辞書引きを伴う)ようにしたら、ほとんど体の動きがいらなくなった。

画面は Mac の画面を iPad miniVNC で見て、入力は Bluetooth キーボードで布団の上でやっている。

iPhone の写真の移動の際には腕を動かさないといけないけど、これを解消するためにわざわざ機械を買うほどではないかな。

(外国語学習は精神的体力をほとんど使わないようだ)

(ルーチンだし)

04/10

(0:51) 風邪気味。

喉が腫れている感じがする。

(今シーズン4回目ぐらいじゃないだろうか)

(多い)

明日休むことも視野に入れている。

 

4/30〜5/1 の期間、東京に行くことになった。

(「なった」というのは、決める主体は主人なので)

5/1は有給を取る。

 

前回は直前に決まったからあまり人に会えなかったけど、今回は早めに決まったから誰か誘ってみようかな。

絵空事さんとか、かやこさんとか。

ニキさんも東京だし。

藻さんはまた無理かな〜。

あと、もちろん S も。

(S、かやこさんや絵空事さんと同じくHNでしかないので直接書けばいいのでは)

(長年の慣習で)

ツイッターの公開垢である時点で秘匿する意味はなくなっているのではないか)

(というわけで垢名に変えてみる)

S というのはそうめんのこと。

(厳密には、今の表示名は  soumen  だけど)

メッセンジャーではそうめんで、mixiでは素麺だった記憶)

(どうでもいい)

(ちなみに、公開垢だからといって自由に言及していいわけではない)

(S さんはぼくと交流があることを知られたら何か言われるかもしれないということで垢名でも言及しない)

(ちなみに S さんの S は裏垢の垢名の頭文字)

(まあ、近いクラスタにいてツイッターを真面目にやっている人にはわかるはず)

(S さんとは美食の殿堂オフをし損ねた)

(最近幸せそうである)

 

そうめんは最近はかやこさんやニキさんともつながってるから、みんなでオフをするのもいいかもしれないな。

絵空事さんとはつながってないけど)

(そうめんは達寄りのつながりで、絵空事さんはNLP寄りのつながりだ)

あと、つい女性ばかりを挙げたけど(女性が好きなので)(自明)(ではない)(思わずポリティカリーにインコレクトな自己ツッコミを)(自己ツッコミにポリティカルコレクトネスは必要なのか?)(まあ、男性である=女性好き ではない)(ぼくの女性好きも、必ずしも性だけではないと思うけど)(女性とのほうが平均的に話しやすいというか)(ポリティカルコレクトネスを考えた「平均的に」)(考えすぎでは?)(それが現代という時代)(本論が進まないのでは?)、えちぜんさんを誘うのもいいかもしれないな。

えちぜんさんとぼくとそうめんは、ぼくのTLでの労不適三巨頭だ。

(労不適かつ非労を切実に求めている三人というか)

(労不適だけで言ったらほかにもけっこういそうだ)

 

まあ、そうめんは人付き合いが苦手なところがあるから、このプランがいいかどうかはわからないけど。

(考えてみると、えちぜんさんもぼくも人付き合いは苦手だ)

(労不適とコミュ障との間には深い関係があるのでは?)

(今さらかな)

(それにしても、ぼくの今の仕事はコミュ力は全然いらないけど、それでもしんどい)

(高緊張→(労不適、コミュ障)みたいな関係かもしれない)

(まあ、コミュ障同士なら多少はマシだと思う)

(連絡を取ったりしてみよう)

 

東京といえば、N さん(英語のすごい人)も興味がある。

声をかけてみようかな。

04/09

(0:57) 昨日の疲れがだいぶ残っていて、朝は休んでいた。

 

昼はサイゼリヤへ。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で、アマトリチャーナビアンカを初めて食べた。

幸い、食べられるものが出てきた。

(当たり前)

おいしかった。

 

3時半まで読書。

久しぶりの人生だ。

(先週は地獄だったし)

 

その後はプール。

 

晩ご飯は久しぶりにサッポロ一番みそラーメンを食べた。

(家で食べられるものの中では最上級の美食)

 

夜、PSP版のFF3をエミュレータでちょっとやった。

(昔買ったやつを云々)

(めんどくさくなってきた)

 

ちょっとだけやったつもりなのに、1時間もたっていた。

やっぱりゲームは時間の使い方が贅沢だ…。

あと、やっぱりタッチスクリーンでやるのはちょっとストレスがたまる。

アクションゲームをやることも視野に入れて、コントローラーを買うことを検討中。

04/08

(8:18) 恒例の寝落ち。

 

昨日は予定通り子供を療育に連れて行った。

今回からは新しい言語聴覚士さん。

子供は相変わらず言葉をほとんど発しない。

ずっと粘土遊びをしていた。

 

終わってからならファのカプリチョーザへ。

道がだいぶ渋滞していた。

 

まったく特徴のない一日だった。

(いつもでは)

(たまには異世界から来た美少女に出会ったりしたい)

04/07

(10:37) また日記を書かずに寝てしまった。

最近多い。

疲れがたまっている…。

 

昨日は主人が子供の送り迎えをしてくれる日だった。

主人の体調はそれほど悪くなく、あまりおびえないで生きることができた。

(しかし、主人の機嫌が悪くなるといつでも人生が悲惨になるという境遇自体は変わらない)

(しかたがない)

 

今日は子供の療育がある。

終わってからならファの王侯レストランカプリチョーザで豪遊する予定。