読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

07/30

(0:52) 昼は歯医者に行った。

たっぷりバブみを満喫してきた。

(また E に嫌味を言われた)

(E の担当の歯科衛生士さんが辞めるというから、ぼくの担当の人が E を担当することになったら E にもバブみがわかるんじゃないかとちょっと期待してるんだけど)

(そんなことは起こらないだろうか)

 

午後はプールに行って、サブウェイでちょっとだけ時間をつぶす。

読書する時間はなかった。

ツイッターの TL を追っているだけで終わってしまった)

(時間がかかりすぎかも)

(フォロワー数が多すぎるのだろうか)

(いま見たら 793 人だった)

(多い)

自然言語処理関係の人を見つけるとほぼ無条件でフォローしているから)

(もうちょっと厳選するべきだろうか…)

 

夜はイオンのフードコートで豪遊。

先週に引き続き、ケンタッキーのチキンフィレサンドセット。

マクドナルドのビッグマックセットよりこちらが食べたくなるというのに老いを感じる。

(おじいちゃんそれはツイッターに書いたでしょ)

ツイッターに書いたことを日記に書かないという制約はない)

(というか積極的に書いている)

 

今週は平日の仕事中に多めに休むようにしたおかげか、今日はそれほど疲れがたまっていなかった。

(普段は瀕死)

仕事中には多めに休んだほうがいいというのを改めて実感した。

(正当化するために言い聞かせている感)

(まあ、仕事さえできていれば問題ないんだろうけど)

(しかし、生産性が上がっているかどうかはわからない)

(気温による仕事効率の違いを測るときには計算問題をさせたりするらしいけど、プログラミングは計算問題とは根本的に質が違う気がする)

(多めに休んでいないパラレルワールドの自分と比べたい)

(一般的に調べるなら、休み多めグループと休み少なめグループに分ければいいんだろうけど、ぼくが知りたいのはあくまでぼくという個体についてのことなのだ)

(クローンを作ればいいのでは?)

(いや、クローンはコピーではない、赤ちゃんから育て直さないといけないしそれでは今のぼくには意味がない)

(遺伝子情報を考慮して大人数に対して実験をしたら、どういう遺伝子の人はどれくらい休むのがいいというのがわかるのでは)

(それができたら、ぼくは長時間休むのが最適だと判明するはず)

(判明してほしい)

(っていうか、こうやって駄文を書き連ねている時点で精神的に調子がいいというのがわかる)

(まあ、わかってほしいのは生産性だから、プライベートな精神的な調子は直接は関係がないけど)

(それにしても、なぜぼくが生産性の最大化を考えないといけないんだろう)

(最大でなくても、生産性が辞めさせられるラインを下回らなければ OK では)

(今はどうだろう)

(まあ大丈夫じゃないかな)