09/25

(1:16) 今週はEが火曜の代わりに月曜に休みを取ったので、今日は原付通勤になった。

 

労はいつものようにしんどい。

(情報ゼロ)

(しんどくない労があるだろうか、いやない)

(まあ、先週末の労はちょっとタイプの違うしんどさだった)

(だから、今日のいつものようなしんどさを特筆する気分になったのだろう)

(どうでもいい)

 

今日は子供の寝かしつけが大変だった。

1時間半もかかった。

 

Cさんと話をした。

(Cさんと話をしたかどうかは1ビット情報なのだからわざわざそんなにタイプする必要はないのでは)

(1ビットだけ使って表現するのがいいんじゃないだろうか)

(話をしたかどうかをタイトル欄の日付のスラッシュの半角全角で表すとか)

(半角なら話をした、全角なら話さなかった、というように)

(バカバカしい…)

 

いつものように心の問題を掘り下げて話した。

(これは情報量が完全にゼロだ)

(好きな本の話とかでキャッキャウフフと盛り上がってそれで終わりということには決してならない)

(会話の一部がそういうものであることはある)

(Cさんは星新一が好きで、ぼくも好きなのでその話をしたりとか)

(しかし、全体としては、性の話が多い)

(こう書くとEに誤解されそう(Eはこの日記を読んでいる)なので補足すると、性というものの存在に対する嫌悪感とか、そういうものの話)

(例えば、女性の家事手伝いの話とか)

(女性は家事手伝いという立場が許されるというのに嫌悪感を感じる/感じた みたいな話をした)

(ぼくも昔はそういうのがあったので)

(最近はない)

(動物としてのヒトの性と折り合いがついたというか)

(この「性というものの存在に対する嫌悪感」は界隈では「性こじらせ」と呼ばれる)

(藻さんが典型だ)

 

Cさんも、ぼくみたいにある程度折り合いがつけられるようになったらいいんだけど。

09/24

(0:48) 朝、また子供に公園への外出を迫られて、気が進まないまま公園に向かった。

着いてみると、駐車場に空きがない。

もうひとつの公園にも行ってみたが、そちらにも空きがない。

しょうがないので、近所の神社(無料の駐車場があり、誰も行かないのでガラガラ)(近所とは言っても、子供を連れて歩くには遠すぎるほど公園からは離れている)に行ってお茶を濁すことにした。

神社は完全な無(当然ながら遊具はない)で、子供も特に興味を引かれている様子でもなかったが、お茶は無事に濁され、「買い物に行く」という次段階に移行してくれたので、ダイソーに買い物に行った。

100円のチョコを買って帰った。

(税込み108円)

(この文脈では、このチョコは当然ダイソーで買ったと解釈されるところだが、なんとそうではない)

ダイソーの階下には生協があり、ダイソーに寄るときにはそこにも寄ることになっていて、そこでちょうど税抜き100円のチョコを買ったのだ)

(事実は小説よりも奇なり)

(大げさ)

(どうでもいい)

 

子供を連れて帰ってから一人で外出。

世界最高の美食ココイチのカレーを食べに行った。

(名古屋で食べられなかったうらみ)

 

豚しゃぶカレーを食べた。

やはり一人で食べるココイチのカレーは最高においしい。

 

その後はサイゼリヤで人生(一人で読書をすることを人生と呼ぶ)(これまで何回も書いてるけど)(一週間の中で人生は数時間しかない)(無職のときは労働の代わりに図書館に行ったりしていたので人生がふんだんにあった)(労働は悪い)。

3時に切り上げて人生終了、プールへ。

4時半前に帰った。

 

Eはホットヨガへ。

子供はまた公園に行きたがっていたので、リベンジでまた行ってみることに。

今回は駐車場は空いていた。

すべり台などで有意義な時間を(子供が)過ごした。

帰り、スーパーに寄って、もやしや豚肉などを買って帰った。

 

晩ご飯はサッポロ一番みそラーメンにした。

(そのつもりでもやし等を買ったのだ)

(しかし、昼の時点でEに晩ご飯に何を食べるかと聞かれたとき、「クリーム玄米ブランでも食べようかな」と言ってしまっていたため、Eにその一貫性のなさをとがめられた)

(Eが作ってくれたものを食べるならともかく、ぼくが一人で食べるものについてなぜ干渉されなければならないのか…)

サッポロ一番みそラーメンは当然ながらおいしかった。

 

昼、HさんとSkypeのチャットで少し話をした。

数日前からバイトをしているそうだ。

飲食店のホールスタッフ。

(キッチンで働きたいと思って応募したが不幸にしてホールに回されてしまったらしい)

Hさんが働けているというのは意外だった。

Hさんはぼくと同じ、ASD&社会不適合&生きるのつらい勢なので。

まあ、いいことだ。

めでたい。

 

今日はCさんとは話さなかった。

(いちいち書かないでもいいのでは?)

09/23

(2:02) 今日は休みなので、いつものように子供に外出を迫られ公園に行くことに。

公園では、いつものように子供は楽しい時間を、ぼくは無の時間を過ごした。

 

午後、子供を療育に連れて行った。

療育でも、いつものように子供は楽しい時間を、ぼくは無の時間を過ごした。

 

夕方、プールに行った。

晩ご飯はEが買って来たケンタッキーのチキンフィレサンド(おいしい)。

 

そんなふうにして、無の一日が終わった。

 

夜はまたCさんと話をした。

(具体的な内容は略)

Cさんとは掘り下げた話ができるのでいい。

最後に「話してくださってありがとうございました」みたいなことを言われて、話してあげてるわけじゃないんだけどな… ということをまた言いたいと思いつつ、切るタイミングだったのでそのままになってしまった。

(だからここで書く)

09/22

(0:53) 今日は名古屋の学会のワークショップに参加する(聞くだけ)日。

 

朝、子供を幼稚園に送ってからプールに行ってきた。

一旦家に帰って車の鍵を置いて出発。

 

近鉄で京都に行く際に、国際会館行きの電車に乗って、竹田駅で乗り換えないといけないところを寝ていて乗り過ごしてしまった。

かなりのタイムロス。

 

京都駅で、京都駅でいつも食べる昼食(パスタモーレという店の「ベーコンとほうれん草のジェノベーゼ」)(575)をまた食べた。

 

新幹線の自由席で名古屋へ。

当然のように座れた。

(いつもながら不思議)

(どうして確実に自由席に座れるのに人は指定席を買うのか)

 

名古屋駅で地下鉄に乗り換えて名古屋大学へ。

自販機が先に金額を選ばないといけないタイプでムカついた。

(ツイ参)

(ツイ参についてはえちぜんさんの日記を参照)

(えちぜんさんについてはツイ参)

(解決できないのでは?)

 

5分遅れぐらいで会場に着いた。

 

講演は、つまらない無の講演と面白い無の講演があった。

フリーセルをやりながら真面目に聞いていたが、講演が無だったので得たものもやはり無だった。

(そういえば、「無」と「有」は「無意義」「有意義」のように置き換えられると思っていたけど、今日の講演について考えると、ちょっと違うかもしれない)

(面白い無の講演は、内容が空虚である(よく考えると「機械翻訳と人間で協力してやっていきましょうね」ぐらいしか言っていない)という意味の無であって、無意義というわけではない)

(面白いという時点で有意義ではあるし、そのコンセプトを効果的に伝えるという点でも有意義だろう)

(しかし、20分ぐらい話した内容が1行で要約できるというのは、やはり無だ)

 

ワークショップは17:30終了。

晩ご飯はツイッターでアンケートを取って新幹線駅のきしめんにした。

 

きしめん屋は立ち食いで、雰囲気が殺伐としていて嫌だった。

一番嫌だったのは、みんなが食べ終わって出るときに「ごちそうさま」と言っていたこと。

ぼくも同調圧力に負けて「ごちそうさま」と言ったけど、そう言わないといけないとわかっていたら最初から入らなかったのに…。

大ダメージ。

(ぼくは「考える余地のある挨拶」がものすごく苦手だ)

(外国のレジのハローとかボンジュールみたいなのは考える余地がないし、向こうも同時に声をかけてくるので間違いである可能性はない)

(しかし、飲食店の「ごちそうさま」は、考える余地がありすぎる)

(例えば、マクドナルドで「ごちそうさま」と言って出る人間はいない)

(だが、これをスペクトルの一端として、「ごちそうさま」を言うか言わないかの程度には大きなばらつきがある)

(そもそも、昔はほとんど言う人はいなかったはず)

(誰が始めたのか)

(始めた人間を殺したい)

(とにかく、「ごちそうさま」を言うか言わないかを考えるぐらいなら世界最高の美食ココイチだって食べないほうがマシだ)

(そう考えると、ぼくにとって食というのはそのぐらいの意味しかないことになる)

(世界最高の美食を食べることより、コミュニケーションをひとつ減らすことのほうが大事)

(生きる楽しみがない…)

(しかし、そうなっているものはしかたがない)

(早くすべての飲食店が全自動化されてほしい)

 

帰りの新幹線ではまたアイスを買って食べた。

 

家に着いたのは8時過ぎ。

 

全体として、無なりにいい無だった。

しかし、精神には負担がかかっていたようで、体調に出ていた。

(精神に負担がかかったときのシグナルのようなものがある)

意識的には、普段の仕事のほうがしんどい気がするんだけど、意識と無意識にはずれがある。

09/21

(0:59) 今日の朝は原付で出勤して、帰りは早めに退勤して一旦家に帰ってから子供を幼稚園に迎えに行った。

(子供を迎えに幼稚園に行った、では?)

(どうでもいい)

(ちなみに昼食はスーパーの半額ハンバーグ&ヒレカツ弁当だった)

(流れ的に書く場所がなくなったので補足)

 

迎えに行くと、「子供が園庭で遊んでいて怪我をしたから、園が終わった後に子供を園庭で遊ばせないでほしい」的なことを言われた。

バカらしい。

親が見ている状況で子供を遊具で遊ばせることが危険だというなら、そもそも一般の公園の遊具で遊ばせることも危険ということになって、遊具自体の存在意義がなくなるじゃないか。

まあ、どうせ脳のない人間が起こったことに対して何かしないといけないみたいなことを考えてわけもわからず禁止してみたみたいなところだろう。

 

子供に一応形式的に「帰るよ」と言ってみたけど、子供は当然遊びたがり、遊具のほうに走って行ってしまった。

ぼくとしても、上記のようなことを思っていたので、特に引き止めることはせず、いつものように遊ばせた。

(社会性がない)

まあ、脳がないので、どうせしばらくしたら「もうそろそろ神の怒りが収まったんじゃないか」みたいな原始人的な(「サル的な」と書きたいところだが、サルは神を信じたりしない)(神を信じるのは人間の特徴だ)(なぜ神を信じたりするような知能レベルで人類は文明を築けてしまうのか)(神を克服するところまで進化してほしかった)思考以前の漠然としたイメージでなあなあになるんだろうけど。

(原始人の茶番に付き合うのはうんざりだ)

 

今日はEの要請でプールには行かずに家にいた。

晩ご飯は鮭マヨネーズとツナマヨのおにぎり。

(「鮭マヨネーズ」と「ツナマヨのおにぎり」ではない)

(「鮭マヨネーズとツナマヨ」の混合物が入ったおにぎりを一個食べたわけでもない)

(その場合、マヨネーズ/マヨが冗長なので、「鮭ツナマヨのおにぎり」とでもなるところだ)

(極めてどうでもいい)

 

今日は久しぶりにCさんと話した。

Cさんは最近夜眠りやすくなっているらしい。

いいことだ。

 

(1:21) そういえば、明日は学会的なものに参加するために名古屋に行く。

(聞くだけ)

人の金で新幹線に乗れるのはいい。

(そんなにいいだろうか)

非典型的な労であるという点もいい。

(成果を求められないという意味で)

(まあ、しょっちゅうあるとそれはそれでしんどそうだが、めったにないので気分転換になる)

09/20

(1:10) 今日の夜は疲れていて、寝る時間の前に寝てしまった。

(今は起きている)

(なぜそんな自明なことを書くのか)

 

そういえば、無日記を埋めるために食べたものを書くという手法が知られているので書くと(というかぼくも普段からそれなりに書いているじゃないか)(丸亀製麺とか美食の殿堂サイゼリヤとか)、今日の昼はどん兵衛を食べた。

Eが買って来てくれたスーパーの半額弁当を持って行くのを忘れたため。

その半額弁当は明日持って行くことになった。

(大丈夫だろうか)

(半額になるような状態からさらに二日空けることになるので)

(まあ、これまでもそういうことはよくあった)

(575)

 

晩ご飯はご飯とスーパーの半額コロッケ(半額というシールが貼られているのを見たわけではないが、家にあるということは半額で売られていたはず)と味噌汁。

コロッケはおかずではないので、コロッケを食べてから味噌汁にご飯を入れて食べた。

(行儀がよくない)

最近はご飯と鶏の唐揚げのようなご飯を回避するために晩ご飯をクリーム玄米ブランにしてもらうということをしているのだが、今日は回避できなかった。

そういうこともある。

 

Cさんとは話さなかった。

(声をかけたが、寝ていた様子)

09/19

(0:36) 久しぶりに早い時間に日記を書いている。

(Cさんと話していて遅くなることが多かった)

(ネガティブな意味ではない)

(遅くまで話すことにはいい面も悪い面もある)

(いい面は楽しいということだが悪い面は睡眠不足になりがちだということだ)

(自明)

(だから自制してはいるんだけど)

 

今日も仕事面では特に何もなし。

昼は丸亀製麺に行ってネギたっぷりうどんを食べた。

(金に糸目をつけずに贅沢をしようと思っていたが、昼食時になってみると行きたいのは丸亀製麺だった)

(お金でQOLを上げるのは難しい)

(ぼくの場合)

 

夜、Eがホットヨガに行っている間、ぼく一人で子供の寝かしつけをした。

ぼくが寝かしつけをする場合、基本的には横に存在しているだけで、子供が眠くなって寝るのを待つ。

Kindleで本を読んだりもできるので、時間はあまり無駄にならない。

今日は50分ぐらいで寝てくれた。

 

今日はCさんと通話はしないでLINEで会話した。

ぼくが勧めた「シーラという子」を借りてきて読んでみてくれているそうだ。

この本はぼくにとってはすごく印象深い本。

自分を重ね合わせて読んでしまう。

(例によって感想文的なものは書けないのでその魅力をここで伝えられないのが残念だ)

 

今日は早めに寝よう。

 

(1:05) そういえば、子供が水をこぼして使えなくなっていたBluetoothキーボードは、今日使ってみたら復活していた。

そして今日、新しいのが届いた。

やれやれ。

(しかし、この件についてはぼくは判断ミスをしていたわけではない)

(水をこぼして使えなくなったBluetoothキーボードが復活するかどうかは運だ)

(復活しておらず、また新しいBluetoothキーボードを買っていなかった場合、ぼくは今日Bluetoothキーボードが使えていなかったことになる)

(数日間様子を見てから買えばよかったのではないかという考えもできるだろうが、その分Bluetoothキーボードが使えない時間が長くなる可能性があったわけで、その場合のQOLの低下は大きい)

(まあ、いずれにしてもBluetoothキーボードは一個余ってしまった)

(とりあえずは置いておこう)