10/09

(1:31) 朝4時半ごろ、子供が目を覚ました。

よく覚えていないけど、熱を感じて測ったら37.5度あたりだったのを覚えている。

その後ぼくはまた寝てしまった。

 

また起きると、子供の熱はだいぶ上がっていた。

38.9度とか。

それに加えて嘔吐もあった。

休日も開いている小児科に連れて行くことにした。

 

ぼくが原付で先に行って、時間が近づいたらEと子供を呼ぶことに。

それなりに待ったけど、覚悟していたほどではなかった。

小児科では子供はすっかり元気な様子だった。

 

診てもらった結果、喉の風邪ということだった。

形式的な薬(何らかの漢方と咳止め)をもらって帰った。

 

昼、子供の体調がまた悪くなった。

熱も39度ぐらいになって、また吐いたりした。

嫌がる子供に無理やり咳止めを飲ませた。

(咳止めなんて対症療法だし、風邪を治すわけでもないのに…)

(Eはこの人生でもうずっと「風邪を治す薬はない」ということを理解できないままなんだろう)

 

午後、ぼくは高の原イオンに髪を切ってもらいに行って(正確には高の原イオン内のQBハウス)(金銭面というより、慣れの問題でQBハウス以外の店に行けない)(難波に行く機会があるときはそっちのQBハウスに行ったりもする)、それからプールに行って泳いできた。

ぼくもずっと体調が悪かったので、泳ぐのは久しぶりだ。

出てから体重を測ったらだいぶ痩せていた。

不健康な痩せ方だ。

まあ、それでも維持できればいいけど。

 

帰って子供にみかんの缶詰を食べさせたが、また吐いてしまった。

結局、今日はほとんど何も食べられていない。

熱も、一時40度にまで上がった。

 

夜は辛ラーメンを作って食べた。

ツイッターに上げる写真を撮っていると、「よくこんなときにそんな気分になれるな」と言われた。

(具体的な言葉は違う)

 

一日中寝ていたから夜寝てくれるか心配だったけど、いつものように寝かしつけをして、いつものように寝てくれた。

 

夜、Cさんとちょっと話をしていたら、Eに聞こえてまた文句を言われた。

また、「よくこんなときに女子と話す気分になれるな」と思われているんだろう。

 

Cさんとの会話も、(遮音のため)布団をかぶって話しているということもあり、なんとなく気まずい感じで終わってしまった。

まあ、ぼくも心の余裕がなかったかも。

早く生活が正常に戻ってほしい…。

 

Mさんから状況のアップデートを受けた。

(抽象化しすぎて無)

広告を非表示にする