09/04

(23:33) モントリオール滞在1日目。
朝はアパートで冷凍食品のパスタを食べた。
おいしかった。


あいにくの雨。
明日まで降るそうだ。
やれやれ。

 

雨でも行けるところということで、地下街に行くことにした。
McGill駅。
10時ごろ着いたが、店はあまり開いていなかった。
日曜は11時から開くところが多いらしい。

 

一度地上に出て、マックでちょっと休憩。

 

ぼくが昔短期留学していたYMCAの語学学校に行ってみた。

昔はそれなりに人間関係があった場所だが、今はもちろん知っている人は誰もいない。
ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず… という感じだ。


戻ってまた地下街へ。
今度はそれなりに店が開いていて人も増えていた。
昼食はフードコートで食べることに。
ぼくはハンバーガーとプーティンのセットを注文した。
プーティンというのはフライドポテトにグレービーソースと粒状のチーズをかけたもの。
代表的なカナダ料理(Wikipedia情報だが、短期留学時にも聞いた)だそうだ。
短期留学時には食べるに値しないものとして食べていなかったが、今回は観光で来たので食べてみることにした。
フライドポテトにグレービーソースと粒状のチーズをかけたものの味がした。
世界のどこでも作ろうと思えば一瞬で作れるようなものだ。
これが代表的な料理とは…。
カナダって…。


Eはタイカレーを食べて、食べきれなくてぼくが残りを食べた。
死ぬほどお腹いっぱいになってしまった。


地下街からつながっているところにグレヴァン蝋人形館というものがあるので行ってみることにした。
このグレヴァン蝋人形館というのは、ぼくがフランス語の教材として使っている「フランス語でめぐるパリ」に出てきた。
パリが本家で、 モントリオールにも出店したということらしい。
(雑な理解)


1人22ドル+税。
(平常時なら気が遠くなるような金額だが、観光モードなので気にしない)
最初の部屋でプロジェクションマッピングによる映像コンテンツがあって、それはまあまあよかった。
残りは蝋人形館なので蝋人形があった。
蝋人形を見たら得られるであろうと予測していた体験(=無)が体験できた。

 

その後はずっと地下街を彷徨していた。
もっとほかのところにもつながっているという情報は得ていたが、どうやっても同じエリアから外に出られない。
迷宮体験ができた。
(プラスの体験ではない)


iPad miniに全体図をダウンロードして拡大しながら動くことによって、やっと無限ループを抜け出せた。
ループを抜けると国鉄の駅と地下鉄の駅につながっていた。
地下鉄の駅からアパートに帰った。


帰ったのは5時ごろ。
お腹がいっぱいなので晩ご飯は抜いた。
時差ボケの影響で、帰ってすぐ寝た。


明日も雨らしい。

(上でも書いたけど)
雨は悪。

広告を非表示にする