読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

03/02

(3:26) 中途半端な時間に寝てしまって、中途半端な時間に目が覚めた。

 

いつも通りの特に何もない一日だった。

ぼくも S さんみたいにいつも通う場所(職場・学校等)に行ったら付き合い始めたばかりの恋人がいたりしたい。

ツイッター的な「たい」の用法)

 

そういえば、ぼくは34歳ぐらいで修士に行ったんだけど(34歳でももう8年前だ)(老)、あのころはまだ楽だったな…。

何しろ、労に比べたら、院のしんどさなんて何でもないというか…。

(院には毎日行っていたけど、研究室では適当に同期と雑談したり気が向いたら外出したりできたし、とにかく時間が拘束されないというのがいい)

(労はダメだ)

(あと、当然、家に帰るとすべて自分の時間だったというのも大きい)

(今は自分の時間がない…)

(まあ自分が悪いんだけど)

(なぜこんなになってまで生きなければならないのか…)

(無)