読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

01/06

(2:20) 遅くなった。

(今日は Skype はしていない)

(「は」と書くとそれが例外のような印象)

(どちらが例外かはっきりするほどのサンプル数はない)

(人生全体で見ると Skype をした日のほうが例外)

(何を言っているのか?)

 

今日は金曜日だけど、E が出勤するので子供の送り迎えがあった。

(よくない)

(ぼくにとって)

(しかたがない)

(保育園の隣に住みたい)

 

昼はジョイフルでペッパーハンバーグを食べた。

贅沢してドリンクバーもつけた。

(新年初ジョイフルなので)

 

今日はちょっとだけ腹筋をした。

E が買ったワンダーコアスマートがあるので。

(CM でよくやってる「倒れるだけで腹筋ワンダーコア〜♪」の簡易版っぽいやつ)

 

性について考えたことをまたちょっと書く。

(しつこい?)

「好き」と言うことについて。

 

「好き」と言うとき、少なくともぼくの場合、「あなたを好きでいるぼくを受け入れてほしい」という気持ちという気がする。

で、それはぼくのほうの希望であって、相手のための気持ちではないよなぁ、と思う。

 

でも、あくまで自分の希望だということを認識して、「受け入れてほしい」と言うのは悪いことじゃない、というか。

相手にはメリットはないけど、受け入れるのも受け入れないのも自由だし。

 

人間関係は、必ずしもお互いに常に同じだけのメリットがある必要はない、というか。

(今日の頻出キーワードは「というか」かな)

(性について書いていると手探りな感じになる)

「好き」という気持ちを聞いてもらうときは、ぼくは一方的にもらうほうだけど、仮に誰かに「好き」と思ってもらえたとしたら、その気持ちを聞いてあげることで、ぼくがあげる側になることもできて、それでバランスが取れるんじゃないか、的な。

Pay It Forward みたいな考え方で。

 

まあ実際は、ぼくは男だから、あげる側になる機会は少ないけど。

(母性を求める男/女と異性を求める男/女の中で、前三者は女性を求め、後一者だけ男性を求めるので、バランスが悪い)

(ぼくは母性を求める男性かもしれない)

(父性を求める女性ももちろんいるだろうけど)

(レズ風俗レポを読んだ影響で、母性を求める女性の存在を強く意識するようになった)

ツイッターでも、女性を求める男女は多いけど、男性を求める男女はあまり多くない)

(メンヘラ界隈特有かもしれない)

(幼児性が残っているから母性を求める?)

(どうだろう)