読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

06/20

(0:44) 今日は珍しく仕事の話。

(道徳的によくない気も)

(この場合の道徳というのは、仕事の情報を漏らさないということではなく、プライベートの時間(日記を書く時間)を仕事に費やすということについて)

(ぼくは仕事外で仕事に関することをしないということはかなり厳格に守っている)

(しかし、仕事内のことが自分にとって日記に書くぐらいのイベントになってしまったらしかたがない)

 

仕事で書いたプログラムを公開してもいいということになった。

しかし、プログラムだけではほかの人が役に立てるのが難しいので、データもセットで公開したいところ。

そのデータというのは、とある有償データを加工したもの。

有償データ自体は配布しないで、加工のしかただけ配布すればいいかという考えだった。

しかし、データの加工のしかたを配布するやり方でも、上司はあまり積極的ではないようだった。

というのは、そのデータを作ったのがうちの組織と別の組織で、うちの組織とその組織とはあまり仲がよくないらしく、そのデータの加工のしかたを配布することはその組織の手柄になるのであまりよろしくないらしい。

政治的な香り…。

それでどうしようか迷っている。

プログラム公開時に、有用なデータ(の作り方)をセットで出さないと、インパクトは大幅に損なわれてしまう。

プログラムだけ出しても、それを使える人はほとんどいないだろうし…。

既存のアルゴリズムの実装ならまだいいけど、ぼくが考えたアルゴリズムの実装なので、データつきで動かせないとしょうがない。

 

まあ、それでもプログラムだけ公開でいいかな… というほうに傾きつつある。

一度公開しておいたら、それを利用してプライベートでデータの加工方法を公開してもいいし。

そうしようかな。

インパクト問題については、プライベートでデータ加工方法ができた時点でブログに書くとかするとか。

(まあ、プログラム公開とデータ加工方法公開の両方でブログに書いても、インパクトの損なわれはたいしたことがないかもしれない)

 

来週の日曜、またつらみ仲間の M さんと会う約束をした。

一応異性なので E にはあまりいい顔をされないだろうな…。

(「性じゃないからやましいことはない」かというと、完全にそうでもない)

(M さんは彼氏もいるし、口説くつもりはないけれど、それでも異性との接触は同性との接触よりいいもので、その分は性だ)

(有害な性ではないと思うけど)

(575)

 

ここからはツイッター仲間について。

(上に書いた M さんもツイッター仲間だけど)

(気にしない)

 

りつさんは今日も就職活動で消耗していた。

たくさん受けるのは無理そうだから、少しだけ受けることにしたそうだ。

いいと思う。

 

りつさんはIT企業を受ける関係で HTML・CSSJavaScript を勉強している。

それを、お兄さんに「IT企業はやめとけプログラマーはお前に向いてない。24年間生きてきて一度もプログラミングに興味を持ってこなかったのに、突然興味もってやれるわけない。今度の面接もキャンセルしろ」と言われたそうだ。

ひどい決めつけだ。

第一に、24歳からプログラミングを始めてすごくできるようになったという人もいるし、第二に面接をキャンセルするかどうかはりつさん本人が決めることだ。

こういう毒になる家族と同居しているのはよくないな…。

 

藻さんは TAPL を買ったそうだ。

あの高い本を…。

藻さんは「抽象構文、BNF文法、評価、抽象機械など」には慣れているらしい。

さすが藻さんだ。

ぼくはそのあたりにはそこまで興味は持っていない…。

 

幽閉者さんが、その点で藻さんに劣等感を表明していた。

今日はだいぶ調子が悪いようだった。

幽閉者さんは気分の上がり下がりがけっこうあるからな…。

くるみ餅さんほどじゃないけど。

 

そういえば、くるみ餅さんは今朝ひどい状態だったけど、そのときにぼくが改変短歌をやってムカつかせてしまった。

反省。